Browsed by
月別: 2018年6月

紙質と納期

紙質と納期

紙名刺はデザインだけではありません。質感も重要な要素になっていきます。どんな加工方法を採るべきかといった問題もありますが、できるだけ多くの選択肢があるに越したことはありません。紙質に関しては、インターネット上だけではわからないため、サンプル請求できるかどうかも判断材料になってくるでしょう。加工方法に関してもさまざまな方法があるため、同時に確認できれば間違いがありません。それがイメージとあっているかどうか、実際に見て触ってみることが一番簡単に理解できる方法です。

大事な名刺を依頼することになるのですから、納期も重要になってきます。欲しいと思ったときに必要になるのが名刺です。できるだけ早い納期が重要になってきますが、大急ぎで注文できるかどうかも重要になってきます。一般の注文とは別の扱いになることもありますが、納期を早められるオプションを持つことは、利用者のデメリットにはならないからです。そもそも、驚くほど納期の早いところもありますので、希望する日時に納品してくれるかどうかは、事前にチェックしておくことがポイントになってくるでしょう。特に加工のオプションを使った時にどうなるのかは要チェックです。

参考リンク│名刺作成業者~デザイン名刺.net~
3時間で名刺作成ができる業者です。

デザイナーの力量

デザイナーの力量

名刺作成業者に依頼する場合、デザインが大きな意味を持ってきます。第一印象は大きな意味がありますが、もう少し細かく見ていく必要もあるでしょう。

デザインどんなイメージで作っているのかという部分が依頼するうえで重要なになってきますが、さまざまなコンセプトで作った名刺が見られるようになっているはずです。同じデザインを複数作って乗せている色違いのようなものも大切ですが、あまりにこういったものしかないところはデザインのバリエーションがないといっているのと同じといえます。さまざまなコンセプトが存在し、どうやって合わせて作っているかを考えてみるといいでしょう。正確な企業名は乗っていなくても、○○印刷といったかたちで名前を入れていることもあるはずです。こうした仮の名称から出来上がりを推測してみることがポイントになってきます。

推測が重要なのは、デザイナーは限られた情報の中で名刺のデザインを作っていくからです。相手の企業をすべて知ることは不可能ですので、少ない情報から具現化していくことになるでしょう。その姿をサンプルで見ることができるのですから、依頼するときにどんなデザインを作ってくれるのか大事な参考材料となるのです。

実績と印象

実績と印象

電球顔となってくる名刺の存在は、デザインで決まるといってもいいでしょう。質という部分は受け取った瞬間から大きく左右する重要な要素です。受け取ったときに受ける印象によって、どんな会社なのか自分自身のイメージも含めて大きな影響を与えていきます。名刺作成業者に依頼する場合にも、大きな影響を与えることを意識して選んでいかなければいけません。それだけに、名刺作成業者を選択する場合には、ポイントを抑えていかなければいけないでしょう

ひとつのヒントとして、実績が多い会社を選ぶというのは、安全策といえる部分です。実績が多いということは、それだけ信頼されているというところになってきますし、多くの案件を受けたことによって蓄積された経験があると評価できるからです。実績の数は、それだけ評価のポイントになってくることから、どこの作成業者もはっきりと前面に出してくるでしょう。大事なことは、ここからどういったイメージを受けるかです。そのイメージで作っていくことになるのですから、第一印象は大きな意味が出てきます。なにか気に入ったポイントがあったのであれば、渡すときにも同じ効果を発揮するのですから、それを信じてみるのも大切な選び方といえるでしょう。

社会人に必須の名刺

社会人に必須の名刺

名刺社会人に必須なものとして名刺があります。社会人として必須であり、マナーであるといってもいいでしょう。名刺の渡し方ひとつをとっても、どこまで社会を踏んできたのかがわかるほどです。それほど大事なものですが、受け取るときと渡すときに、その姿を見てみると、立場の違いも分かるようになります。名刺をいただくときには、自分たちの立場の違いが大きな影響を与えるからです。自分が上ならば、相手の名刺より上に出します。しかし、下の立場、仕事をいただく立場になれば、相手よりも下に出さなければいけません。上司と部下といった関係でも同じようになるため、名刺の受け渡しだけで想像がつくようになるのです。これは出す順番に関しても同じで、自分の上司が一緒にいる場合には、自分は後から出すことが必要になります。こうしたマナーを知るうえで大切なのは、名刺は顔であるというところになってくるでしょう。

名刺は自分の顔であり、企業の看板や顔といった意味を持ってきます。会社を背負っているという意味があるでしょう。だからこそ、順番や上下といったことは大きな意味を持っており、それだけ大切なものとなってきます。

大切な名刺なのですから、しっかりと作っていくことも大事なポイントになってくるでしょう。自分たちで印刷するのもひとつの方法ではありますが、印刷はあいまいになりますし、デザインもまとまっていないものを見かけます。自分たちの顔であり看板なのですから、名刺作成業者を活用するのが重要です。選ぶ場合に抑えるポイントもありますので、参考にして確かな名刺を作ってみてはいかがでしょうか。